説明

加入時の注意点

オペレーター

自転車保険は、他の損害保険の特約で加入している可能性があります。特約加入している場合は重複契約になり、保険料が無駄になることもあるので注意しましょう。また、傷害保険も合わせて加入すると自転車事故の備えとして万全です。

詳細を確認する...

短期の自動車保険

女性

1日保険は自動車をあまり運転しない人にも最適な保険です。自分の車を持っておらず、他の人に借りる場合でも保険に入ることができます。1日保険であれば費用も安くなり、スマホなどから気軽に加入することができます。

詳細を確認する...

より安心な住居のために

新築住宅の場合

女性

住宅を購入して実際に住んでみると、雨漏りしていたなどの欠陥が見つかる場合があります。このような欠陥は「隠れた瑕疵」と呼ばれており、売主などに補修や損害賠償の請求ができる場合があります。新築住宅の請負業者や売主は、10年間の住宅瑕疵担保責任を負っています。そのため新築住宅の建築や販売には、瑕疵担保責任保険への加入か、保証金の供託が義務づけられています。これにより、構造耐力上主要な部分(壁や基礎など)と雨水の侵入を防止する部分(屋根や外壁など)の瑕疵に対して、10年間の保障が付きます。業者の倒産などで、瑕疵の補修などが行えない場合でも、買主や発注者は、保険法人や供託所に費用を直接請求することが可能です。

中古住宅などでも

中古住宅やリフォーム、大規模修繕工事では、新築住宅のような保険への加入は、義務付けられていません。中古住宅では瑕疵担保特約などを付けて取引されますが、事前に瑕疵調査をする義務などはありません。そのような場合、既存住宅売買瑕疵保険に加入した中古住宅なら、専門の建築士による検査に合格することが、保険加入の条件になりますので安心できます。保険に加入して住宅販売する業者もありますし、売主が個人の場合でも、保険に加入して引渡すことが可能です。リフォーム工事や大規模修繕工事に対する瑕疵保険もあります。この保険に加入する事業者は、国土交通大臣指定の「住宅瑕疵担保責任保険法人」へ事業者登録することが必要です。工事の際に建築士による検査が行われますので、安心して工事を任せられます。

海外へ出かける下準備

説明

海外旅行保険は、海外に渡航する人をサポートしてくれる大切な保険です。海外旅行保険は会社によって大きな差がありますので、比較サイトなどを活用して特徴を知ることが大切です。目的に合った保険会社を選ぶことができます。

詳細を確認する...